だいじけ?子どもとケータイ。の「『こどもとケータイ』に、思うこと。」
「『こどもとケータイ』に、思うこと。」の書込一覧です。
『こどもとケータイ』に、思うこと。
【閲覧数】1,861
2010年02月22日 20:31
どんなことでも結構です。
『こどもとケータイ』に思うこと、お寄せください。

書き込み数は2件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
『ケータイ』の問題じゃないんですよね。
【返信元】 Re: 『こどもとケータイ』に、思うこと。
2010年03月04日 17:44
『ケータイ』は増幅機になってしまうんだけれど、『ケータイ』の問題ではないんですよね。

フィルタリングは、例えホワイトリスト方式(携帯電話会社がこどもたちにとって安心安全と判断したサイト)でも安心は出来ません。意図せず有害情報にアクセスしてしまうのを防いではくれますが、それだけです。

なにをしていいのか、なにをしてはいけないのかをこどもたちにわかってもらうことが大切ですね。

ネットは匿名ではないけれど、匿名だと思っている人が多いこと、現実の社会よりも『悪意のある人』に繋がりやすいこと、そして、情報の流通スピードが速く、一度発信してしまったら、完全には消せない可能性があることなどのネットの特性はありますが、リアルもネットも同じだとわかってもらうことも大切だと思います。

教育はもちろん大事ですけれど、やっぱり、お父さん、お母さんたちが変化を見逃したくないという思いでこどもを見守ると言うことが本当に大事ですよね。

学校であったことや友達の話など聞いてもらえる環境があるってすごくよいことですよね。話題が偏ってしまうかもですが、お父さんやお母さんのお仕事の話なんかもとっても大事な家庭教育ですよね。

自主性、自律性は携帯電話でなくても育むことが出来ます。
携帯電話の所持に、『こどもの人格を尊重する』とか『こどもの自主性、自律性を育む』とかというお題目を持ってきてはいけないと思います。親が責任を持って管理し、『危険』を防ぐことは最低限だろうと思いますが…。
Re: 『こどもとケータイ』に、思うこと。
【返信元】 『こどもとケータイ』に、思うこと。
2010年03月03日 17:56
 我が家では、小中学校のうちは必要ないので、子どもたちと話し合い、高校生になってから携帯を持たせました。
 高校卒業までは、フィルターをかけて、あとは、できるだけ会話をしてカバーしています。携帯のことだけに限らず、日頃の言動や態度に変化があった時にできるだけ早く、対応してあげたいと思うのですが、どうも話題が偏ってしまうので、家族それぞれが相互に聞き役みたいなものかな~。