e-とちぎ交通チャンネル - トピック返信
栃木市 10月から試験運行
【返信元】 栃木市 2011年度から試験運行
2011年04月06日 20:18
下野新聞サイトより

『デマンドタクシー導入へ 栃木市が地域公共交通連携計画』
(4月4日 05:00)
【PR】
 【栃木】市は3日までに、デマンドタクシーやコミュニティバスの導入を盛り込んだ「市地域公共交通総合連携計画」を公表した。10月1日から市内全域で試行運行を実施し、14年4月に本格運行に移行する方針。これに伴い、栃木、都賀両地域の福祉バスと大平地域の循環バス(ゆうゆう号)は廃止となる。

 同計画は、公共交通の空白地域を解消し、高齢者や障害者、学生などの日常生活の足を確保しようと策定された。

 デマンドタクシーは予約制の乗り合いタクシーで、運賃は中学生以上が300円、障害者、子ども(3歳児~小学生)、老人福祉センター利用者が150円。車両12台を月曜日から金曜日に運行する。予約センターは市が直営し、運行は民間に委託する方針。

 コミュニティバスの運行ルートは9路線を計画。このうち市街地循環と市街地北部循環、栃木駅と寺尾地区を結ぶ寺尾線は既存の路線を活用する。10月に西方町と合併することから、栃木駅と同町を結ぶルートも2路線設定する。

 中学生以上の運賃は初乗り100円、最大300円。1時間に1本の運行を目指す。

 市市民生活課は「市民の皆さんに愛着を持っていただくためにも、デマンドタクシーとコミュニティバスの愛称を募集したい」としている。

書き込みツリー表示
デマンド交通関係の新聞記事等 - 10/07/25 07:08 (サルビア)